パントマイムに関わる事なら沢村誠一

パントマイム=ボーダーのイメージについて

  • 2020年6月23日
  • 2020年6月23日
  • 未分類
パントマイム 芸術鑑賞 レッスン
画像クリックで動画ページに飛びます

パントマイムを画像検索すると出てくるイラスト

グーグルとか検索エンジンで【パントマイム イラスト】【パントマイム 写真】を検索すると白塗りの顔、ボーダーの服、赤いスカーフの画像が良く出てきます。

なのでパントマイムの人と言えばボーダーの服が正装なのかな?と思うかもしれません。

今日はそんな疑問にお答えいたします。

結論:ボーダー衣装はコスプレ衣装⁉

パントマイムのボーダー衣装の原点はマルセルマルソーの演じた役柄『Bip』から来ております。

マルセルマルソーさんについてはこちら

この方の衣装が白塗りに赤いバラ、ボーダーの服という道化師スタイルでした。パントマイムは歴史は長いですがそこまで吐出して人気のある芸術ではなく、舞台を演じる上での基礎要素だったそうです。その基礎練としてのパントマイムを単体の芸術まで持ってきたマルセルマルソーさんがヨーロッパで有名になり、アメリカで舞台興行を行いみんながBipを真似しだしたことによって、パントマイム=ボーダーという現在のイメージに仕上がりました。

これはマルセルマルソーさんの対談著書『パントマイム芸術』の中に書かれております。

それと、マルセルマルソーさんのパントマイム専門学校を卒業された方からもお話聞いたのでそうなんだと思います。

ボーダー衣装の前のパントマイムの衣装

これもマルセルマルソーさんの著書『パントマイム芸術』に書かれていましたが、それまでのパントマイムの衣装は、

タイツかパンイチ

だったそうです。

ボーダー衣装がパントマイムの正装っぽい感じにはやってくれて本当に良かった――。

まとめ

今回はパントマイムとボーダー衣装の関係についてお話させていただきました。

面白かったらいいねやシェア、投げ銭等をお願いいたします。

最新情報をチェックしよう!